わたしの年収は53万です

2015年12月から、株取引開始。株主優待目当てで始めましたが、やっているうちにどんどん投資方法が変わっています。短期ではデイトレ・スイングしつつ、長期では投資信託と米国株買って放ったらかしです。投資家というよりはポイントサイトで慎ましくポイントを稼ぐ人になっています。

【育児】我が家の金融教育シミュレーション

スポンサードリンク

f:id:mayonezu2015:20180810230623j:image

先日読んだこの記事に刺激をうけてわたくし53万も日頃からなんとなくシミュレーションしている育児、特に金融?面についての考えを書いていきたいと思う。

www.americakabu.com

 

記事タイトルは金融教育と書いたけどもっと全般的なお話

金融?と書いたけど、それはSEO対策であって、この記事のタイトルにまんまと釣られた馬鹿な読者を騙すためにこのタイトルを使った。本当はお金や投資に関する話しだけでなく、「子供が親に頼らずに自力で生活できる」ことに関する記事である。騙された人はさぞや悔しかろう。

とは言え、お金のことも書くんだけども。

 

そもそもお金について学ぶことは結局何が必要なんだろうか。それはお金の稼ぎ方、お金の使い方、節約の方法といった感じだろうか。

稼ぎ方は労働によるものと、それこそ投資や起業によるものがあると思う。節約は果てしないほど方法がある。一番難しいのはお金の使い方だと俺は思っている。

「お金が増えることにお金を使う」というのが使い方の金融教育における正解だと思うんだけど、そこに幸福度という視点を俺は子供に教えたい。

ひたすら節約して投資に回し、将来のお金を殖やし続ける行為に俺はあんまり賛成できない。

たびたびこのブログやTwitterで言っているとおり、おじいちゃんになってからお金を持ってたってなんの意味があるの?ということだ。ジャストミートはできないし、歯もボロボロで美味しいものが食べられない。旅行にいく体力もない。そんな金持ちなんの意味があるのか。やっぱりお金は適度に使う必要がある。浮気も旦那にばれない範囲でガンガンやりなさい。お前はビッチになるんだぞ☆

かといって借金するほど使ってはいけないし、適度な投資も必要。本当にお金の使い方を教えるのが一番難しいだろなと感じている53パパなのである。

子供に悩んでいる俺って素敵。ダンディ。

 

お小遣いについて

うちの子はいま6歳なんだけど、子供の名義で株を買っている。お年玉を全て没収し、俺が勝手に入金したのも含めて優待株と高配当株で50万円ほどである。それまでは自分を「社長の娘」みたいな感覚で「株主の娘」と名乗っていてめっちゃ恥ずかしかったんだけど、いやいやお前は株主の娘ではなく株主なのだと告げると嬉しそうにしていた。

「やったー!わたしかぶぬしー!」

んで、お小遣いのことなんだけど、いまの時点では渡していない。

・小学校のテストで100点をとったら10円をあげる

・100点がとれなくても間違ったところを調べて正しい答えを書き直したら5円

・家のお手伝いをしたら難易度に応じてわたす

ということになっている。

 

こういうのを書くと、お金をあげないと勉強しない子になり、自分から学ぶことをしなくなる。勉強の本当の面白さを知らない子になると批判を浴びそうだけど、うるさいって思う。

俺はそういう批判は浴びない。マイナスイオンしか浴びない。

そのとおりになるかもしれないし、ならないかもしれない。お前は自分の子供だけ心配していればいいんだばかものめ。たまたま一人か二人うまく育てたくらいで先輩面するな愚か者め。

 

さて、知的好奇心は子供は誰だって持っている。普段からなぜ夕焼けは赤いのか、雲はどうやってできるのか、星が見えたり見えなかったりするのはなぜなのか、お父さんの仕事はどんなことをしているのか、なぜお金持ちとそうでない子がいるのか、男同士でではどうして結婚できないのか・・・・。こういう疑問に面倒がらずにできるだけ一緒に考えて、その疑問に速攻で回答していくと、どんどん知的好奇心が満たされていくと思っている。そしてそのうち自分で勉強するようになるはず。いまは俺が回答しているけど、図書館でムカデの形を調べたり、天気予報の説明から雲が発生するメカニズムを知ったりと、自分で調べるようになっている。

 

なので、お金とはまた別のところで勉強への意欲というは育むことができるというのが俺が考えだ。

そのためにはお金を使ってどんどん刺激を与えていきたい。小3くらいになったらストリップとか連れていってもいいかもしれない。・・・いいわけないだろバカ!

テストの勉強というのはそれ自体なんの意味もないものも多いし、算数と国語は強制的であっても最低限の知識は身につけておいた方がのちのちのことを考えるといいので、お金などの報酬をぶら下げても構わないという考えである。

どうせ大人になったら嫌なことをお金のためにやるやん?

ソープとか。

 

配当金の良さを子供の頃から知ってもらう

ただ、少額のお小遣いだけでは欲しいものが買えないのが明白なので、配当金を渡すことにしている。額は株の配当金の半分。お小遣いについては自分のお金とは言え、自由に使うことは許されない。ちゃんと親が許可したタイミングじゃないと使ってはいけない。しかし配当金だけは完全に自由。いつでも何にでも使っていいのである。配当金のもう半分は再投資ね。

これは「株を買って配当金を手に入れることは良いことなのだ」という概念を子供の頃から身につけさせたいという恋心からだ。

株というのはりんごの木と同じ。りんごをお金で買うとすぐになくなるけど、りんごの木を買えば毎年りんごが無料で食べられる。そんなたとえ話をしつこいほどして、ネチネチと「お金のなる木」という考えを教え込んでいる。

お年玉は全て没収されるけどその分株を買ってもらえるので年々自由に使える配当金は増えていく。その間にマイ転しようがプラ転しようが子供には関係ない。

 

友達「お小遣いいくら?」

娘「んー、◯◯円くらい」

友達「少ないwww貧乏かよwww」

娘「でも配当金が◯◯◯◯円くらい」

友達「ファwwwww」

 

 

 

中学生で起業

初期費用は俺が出資するので、中学生になったら法人を作って欲しいと思っている。業種はブログとオークション。塾に通う感覚で、お金を稼いでもらいたい。自分のお小遣いは自分で稼ぐのが我が家のスタイル。

はじめは俺のヤフオクの出品の作業を分割して手伝ってもらう。

写真を撮ったら売れた金額の10%

文章を書いたら売れた金額10%

最初から最後までできたら30%

これは俺が持っている商品を娘が売った場合のレート。株主優待券とか、中古のゲームとかね。子供の頃の自分の服とかもいいかも。

だんだん自分でなにか見つけてきて、自分で売りたくなるだろう。そのうち仕入れもするかもしれない。いまどんなことが流行っていて、どんな流行が終わろうとしているのか、それはどこの会社が作っているのか。どんどん勉強してほしい。

eBayをはじめたら英語に興味が出てきて、学校の英語の授業も身が入ることだろう。

個人事業主じゃなくて法人として起業してもらう。年間7万円くらいの税金が利益なしでもかかるんだけど、月々6000円の塾に通わせてると思えばなんでもない。

税金のことも一緒に勉強していけたらいいな。

 

友達「部活何するか決めた?」

娘「んー。もしかしたらやらないかも。」

友達「え?帰宅部?なにかやれよwwゲームでもするつもりかよww」

娘「会社つくってお金稼ぐかも」

友達「ファwwwwww」

 

 

アルバイトについて

高校生になったらすぐにアルバイトさせるつもりだ。学校もアルバイトがOKな学校に進んでほしいし、駄目なら教育のためとして学校側に許可を貰おうと思っている。アルバイトは最低1年は同じ仕事をしてほしい。大学を卒業するまで7年間あるので7種類のアルバイトができるといいだろう。

中学生で無事に起業してくれていたら、きっと優秀なバイトになるだろう。小売であればどこから商品を仕入れるのか、陳列方法、レジの仕組み、人件費・・・いろんなことを学んでくれると思う。

アルバイトで稼いだお金は自由に使っていい。ただし、半分は株を買うこと。家にお金を入れる必要は全くないが、とにかく稼いだ金の半分を投資に回す。そしてここで増えた配当金はもちろん自由に使っていい。

社会人になっても実家にいる間は半分は投資に回してもらう。家を出たなら1/3は投資にまわしてほしい。その時には配当金の重要性を理解して、自発的に投資してくれるようになってほしいと思っている。

 

先生「アルバイトはだめよ!」

娘「お父さんが勉強のためにやりなさいって」

先生「規則で駄目って決まっているのよ!」

娘「そう言われたら先生に「卒業後の働き方についても学校で教えてもらえるのか」聞いて来いってお父さんが」

先生「・・・」

娘「先生が黙ったら弁護士つれてお父さんが学校に話つけにいくって」

先生「ファwwww・・・」

 

投資について

これは俺が教えることができそうになくて残念だけど、できれば買いっぱなしの入金当投資だけじゃなくて、デイトレやスイングも学んでほしい。誰か良い師匠でもいればいいけど、この世界は怪しいから少額から自分でテストするしかないかも。これも中学生くらいから興味をもってくれるといいんだけどね。一緒に株の本を読んで勉強して決算書やビジネスモデルを研究して議論できたら最高だよね。

 

俺「一緒に株のことも勉強しようぜ」

娘「でも難しいんじゃない?配当金だけで十分だよ」

俺「何を言うてんねん。株なんて簡単やぞ。下がった時に買って、あがったら売るんや」

娘「お父さんはそれでどのくらい儲かってるの?」

俺「ファwwww」

 

 最終的に起業するのかサラリーマンになるのか投資家になるのか

 これは子供の能力と性格によるので自分で選ぶしかない。オークションとブログで恐ろしいほど才能を発揮して食べていけるようになるかもしれない。俺の親父はオークションを俺からならって月収50万くらい売り上げて粗利は80%くらいあるので、娘にも才能が芽生える可能性はあるよね。

でも、俺みたいにトップよりも2番手の方が向いているかもしれないし、もっと現場の仕事が好きになるかもしれないし、それはわからない。ただ、投資、起業、労働と3種類のお金の稼ぎ方を大学を卒業するまでに経験しておけば、きっと自分なりの生き方をその中から見つけるんじゃないだろうか。

 

こまかいところは子供の性格にあわせて微修正はあると思うけど、概ねこういう方向で子供に自力で生きていく方法を教えていきたいと思う。

 全部実現できるとは限らないけど、欲しいものは自分で掴み取るような執念をもったがめつい人間に育ってくれるといいな。

なんせめっちゃブスだからせめてお金稼ぐ方法くらいは身につけないと危ないんだよ!

ブスの娘に他の生き方はない!

結婚相手は金で買え!

 

もうええわ

 

 

今回の記事はいかがでしたか?よかったよって人は励みになりますので、下のブログ村バナーをポチッとお願いします。 ブログ村のランキングがあがるシステムとなっております。

読み終えた方はこちらをタッチ!株ブログのランキングがあがります☆

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

なお当ブログでは雑誌の執筆依頼、宗教や秘密組織への勧誘は固くお断りしております。 現在のところデートの申込みのみ受け付けております。 デートの申込みはこちら