わたしの年収は53万です

日本国内を旅するエリート営業マンのブログです。マリオットボンボイプラチナ会員、ANAプレミアムメンバー。たまに投資もします。

【不動産投資】その3 土地から新築アパートの融資結果

f:id:mayonezu2015:20200708215730j:plain

すいません。

完全に続きを書くのを忘れていました。

ふぅ~やれやれ。書いた書いたって気持ちでぼんやりと過ごしておりました。

 

俺のブログ、覚えてますか?

覚えてるわけないよね。

というわけでこの記事の続きです。

www.53man.net

 

がっかり信託銀号に追いがっかりさせられ、仲介業者からはなめられて、絶対に融資通してやる!!と意気込んでいた53さんだったんだけど、残るはひとつしかない。

ネガティブ信金だけなんですよ。

 

以前別の物件で、ネガティブ信金からは超回答が遅かったものの、かなりの融資額出してもらっていたのだ。

今回も期待できるかもしれない。

www.53man.net

 

ネガティブ信金はとにかく遅い

当初10月の末くらいだっただろうか。

ネガティブ信金からは3週間くらいあれば融資結果が出ますと言われていた。

まぁ、ネガティブ信金のことだ。たぶん4週間はかかるだろう。なんせ遅いんだ。

ちなみにがっかり信託銀行は早い。2週間くらいで結果を出してくる。もう速攻でがっかりさせてくるんだww

 

それにしてもこのがっかり信託銀行みたいに土地を所有している地主にしか融資しないというスタンスの銀行はけっこう多いんだよね。

なぜなんだろう。

俺みたいな土地から新築のを目指す人も一応審査してくれるんだけど、融資額が建物分しかだしてくれなくて、土地は現金で買ってくださいというスタンスなんだ。

 

なんで土地には融資しないんだろうね。

不思議じゃない?

土地の方がよほど担保価値あると思うのだけど。

まぁ融資しないくせに土地に抵当権はがっつり付けてくるんだけど笑

むしろたち悪い笑

 

さて、そんなことを考えながらネガティブ信金からの回答を待ち続ける。

 

 

 

 

3週間後・・・

 

   

 

 

まだネガティブ信金からの回答は当たり前のように・・・ない。

当然だ。なんせネガティブ信金なんだから。いつも遅いんだから。

もうこの時点でなにわ信金とがっかり信金にはマッハで断られている。

 

 

 

 

 

4週間後・・・

 

 

まだ連絡はない。

ちなみに融資特約の期日はあと残り4週間まで迫っていた。

 

 

俺はやる気マイナス100%仲介会社へ連絡してみた。

 

53「ネガティブ信金さんからまだ回答がないんですよ。どうしましょうか。」

やるきマイナス100「えー。売主さんはもう退去勧告されてますよー?大丈夫ですかぁ?」

 

ぐぬぬぬ・・・

 

 

そうなのだ。

俺が買おうとしている土地は戸建てと小ぶりの共同住宅が勃っている土地で、その共同住宅には月5万円で2人の入居者が住んでいるのだった(合計10万円)。

融資実行の条件には当然建物を取り壊すわけだから、この入居者の退去も含まれている。

 

退去するということは地主のおじーちゃんの収入がなくなることを意味するので、俺の融資承認を期待してすでに退去勧告に入っているということである。

 

 

これで俺の融資承認がおりなかったらどうしよう・・・(TдT)

 

 

 

てか、融資承認おりてから退去勧告してねって資料までつくってあれほど説明したのに・・・。

 

 

とりあえずやるきマイナス100%仲介に融資特約の期限を延ばしてもらった。延長は2週間。

さすがにそれまでには回答があるだろう。

 

 

 

 

 

ネガティブ信金に持ち込んでから5週間が経過した・・・・。

 

 

   

 

 

まだ連絡はない。

 

俺の不動産の師匠が言っていた。

「連絡が遅いのはうまく行っている証拠だ。駄目ならソッコーで断られるから」

 

そう言われると少し不安が薄らいだ。

この融資結果を待つ間は、本当に不安しか無い。

他の大家さんは利回り20%の戸建て買いましただの、新築アパート満室になりましただの良い報告をTwitterで見かけるのに、俺はと言えばなにもすることができずにずっと鳴らないスマホを握りしめるのみだった。

彼氏からの連絡を待つ女の子の気持ち・・・w

 

この待っている期間に不動産セミナーに2つ参加した。ひとつは愛媛のやっさんセミナー。

もうひとつはポールさんの滋賀セミナー。

2つとも気持ちばかり焦る時期だったので、参加することで有意義な時間の使い方ができたなと思っている。

 

 

 

 

6週間が経過した・・・・

 

 

 

 

 

 

7週間が経過した・・・

 

 

 

 

ネガティブ信金からの連絡はない。

もしかして倒産したんじゃないの!?

 

この間俺は毎週のようにネガティブ信金に電話している。

 

まだですか!

 

・・・こんなふうに聞くと嫌な印象を与えてしまうので、2人中ひとり退去しました!とか、工務店の見積もりかなり安くなりそうです!とか・・・。

 

どうでもいいことをイチイチ報告してこちらはうまく行っていますということをアピールしつつ、その都度「あのぅ・・・融資結果はまだですよね・・・へへw・・・ですよねーww ははは!」

 

・・・こんな風に乾いた笑いで締めくくってスマホの終話ボタンを押す。

 

 

 

 

 

不安で仕方ない!!ww

 

 

あんまり仕事やその他のことで不安を口にしない俺も、いよいよ嫁にすら愚痴りはじめていた。

・・・俺はアパートを勃てることができるんだろうか。

・・・どうせ無理だろうな。

そんなことを夕飯の時に口にするようになっていた。

 

 

そんな俺を見て嫁は・・・

 

   

 

「ふーん」

 

 

 

と言っていた。

 

 

いや、いいんだけどwww

 

 

いまさら興味持ってもらわなくてもwww

 

 

 

 

 

そして8週目・・・・

 

 

 

 

10月末にネガティブ信金へ持ち込んで、2ヶ月が経とうとしていた。

世間はもうクリスマスモードだった。

12月は27日が金曜日でおそらくどこの銀行もこの日が仕事納めだろう。

 

いよいよ最後の週にさしかかろうとしていた。

そして融資特約の期日もまさに12月27日が最後だったのだ。

 

 

 

その日のことはわりとはっきり覚えている。

俺は出張で徳島にきていた。

徳島での2件の商談を済ませ、高速バスのりばできっぷを買って、バスの車内で飲もうとビールをコンビニで買ったところというタイミングだったと思う。

 

 

 

スマホの電話がなり、画面にはネガティブ信金の名前が表示されていた。

 

 

 

12月の徳島駅は18時になると薄暗い。

俺はセブンイレブンの前で電話に出て、JR徳島駅を横切って、タクシーの降車場まで歩いていた。

顔には笑みがこぼれ、おそらくありがとうございます!!の声は周囲の人を驚かせていただろう。

スマホを切ったあとも興奮を抑えられなくて、師匠にすぐにLINEし、設計士と建築会社に融資結果の連絡をした。

 

そして最後にやる気マイナス100%仲介に連絡を入れた。

 

 

53「融資通りました!!」

仲介さん「おお~!!良かったぁ!おめでとうございます。売り主さんに早速連絡しますね!」

53「よろしくおねがいします!!」

 

   

 

1億5500万円の希望額に対し、ネガティブ信金からは1億4600万円の回答だった。

融資期間は30年

金利は1.575%

 

総事業費に占める自己資金は12%だった。

 

ほぼ満点に近い数字!!

 

融資がうまくいった要因は?

これは戸建てを共同担保に出したからだと思っている。

実はなにわ信金の時は共同担保に戸建てを出さなかったんだけど、その時は推定で1億3000万円くらいの融資だったんじゃないかと思う。

そうなると自己資金が3500万円ほど必要でアパートの建築は不可能だった。

 

なにわ信金に最初に持ち込んだことでそういう結果となったので、ネガティブ信金には「途中から追加で」戸建てを共同担保に出すことを持ちかけたのだ。

 

ちなみにこの発想ができたのはやっさんセミナーのおかげである。あのセミナーの前後でやっさんはRCを購入し、ほぼフルローンに近い金額の融資を受けていた。

その時に共同担保が役立ったというツイートをしていたのを見たのだ。

 

うろ覚えだけど、戸建て自体の担保価値は500万円くらいだけど1000万円以上の融資を引くことができた・・・といった内容だったと思う。

 

俺もなにわ信金との会話でいくと推定1億3000万円の融資だったと仮定すれば1億4600万円まで融資額が伸びたので、戸建てのおかげで1600万円融資額が増えたことになる。

 

戸建て自体は250万円で購入し、公庫から300万円借りて355万円かけてリフォームしたので合計305万円の自己資金が1600万円の融資を引き出したことになる。

ちなみに戸建ての固定資産税評価額は600万円弱だった。

 

共同担保に出した戸建てはこれ

www.53man.net

 

しかしそう話はうまくない

 

俺は過去最高にハッピーな年末年始を過ごした。

年明けから銀行との手続きを終えて、工務店との調整に入った。

決済の準備にも取り掛かった。

1月~2月にかけて書類の準備をする。

そして共同担保にだした戸建ての客付けもこの時に行った。

 

 

すべてが順調かに思えた・・・・。

 

 

 

   

 

 

 

そしてコロナがやってきた。

 

 

 

 

 

 

工務店からの電話がなる

 

工務店「53さん・・・見積もりですが1億超えそうです・・・」

 

 

 

 

 

 

は?

 

 

 

 

 

8300万でいけるって言ったやん・・・・

 

 

 

 

 

 

8300万でもう融資通ってるやん・・・・

 

 

 

 

 

 

工務店「コロナの影響でサッシが40%値上がりしてます。基礎工事も当初の1.8倍、それから浴室乾燥機あきらめてください。トイレはメーカーを選べません。手に入ったらラッキーだと思ってください」

 

 

 

 

 

 

 

 

え?え?え?

 

 

 

 

 

えええええええーーwwww

 

 

 

 

 

 

 

なにそれーーーwwww

 

 

 

 

 

 

 

せっかく融資おりて・・・融資特約期間はもう終わったのに・・・・・・w

 

 

 

 

 

 

アパート無理やん・・・(TдT)

 

 

   

 

 

 

果たして53さんのアパートはどうなってしまうのか。

 

 

 

 

 

つづく・・・。

 

 

 

当ブログでは読者にはてなブックマークを義務付けています。 53さんの記事をもっと読みたい人は、下記のはてなブックマークをクリックしてください。やる気ができるかもしれません。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

当ブログでは不動産以外の雑誌の執筆依頼、宗教や秘密組織への勧誘は固くお断りしております。 デートの申込みは受け付けております。 デートの申込みはこちら