わたしの年収は53万です

日本国内を旅するエリート営業マンのブログです。マリオットボンボイプラチナ会員、ANAプレミアムメンバー。たまに投資もします。

【不動産投資】新築アパート 土地取得まで編 始動

f:id:mayonezu2015:20200325205031j:plain

 

今日は新規の工務店に電話&突撃をしたよ。どんどん開拓する!

・・・しかし昨日突撃した工務店からはお断りの電話があったよ☆

はたして53さんのアパートは勃つのか!

 

 

さて、そのアパートを勃てるには土地が必要だ。今回は土地を取得するまでどのように動いたかを3歩進んで3歩戻るスピードでお送りしていきたい。

 

その土地はスーモで見つけた

「大阪に新築アパートを勃てることができるようなまとまった土地はもうなかなか出てこない。」

そんな話をいろんなところで聞く。

そんな良い物件は川上で消えてしまうので、もはや庶民には回って来ないのだ!

みたいな話ね。

 

それにしても新築アパート用の土地はどの価格だと妥当なのだろうか。

ある建売業者Aが嘆いていたのは、大手の建売系の会社Bがちょっと大きな土地を見つけるとすごい値段で買っていくという。

A社はオーナーによいアパートをより安く提供したいと考えているので坪単価50万円くらいの土地を探しているという。ところがB社は坪単価90万の土地でも平気で買っていくというのだ。

そして帳尻をあわせるために、めちゃくちゃ安普請のアパートに仕上げるそうだ。

   

俺はこの話を聞いて、建売のプロの業者が坪単価50万円を目指しているなら素人の俺は60万円以下で買えたら御の字かなと漠然と価格を設定するようになった。

 

 

しかし、探せど探せど、坪単価60万円以下の土地など出てこない。

探せどとか言ってるけど、ベッドで寝っ転がってスマホでポチポチ探しているだけなんだけどね笑

不動産屋とか回れよって話だよね。

ちなみに1回目43条但し書き道路問題でボツになったプランは坪単価75万なので、やはり60万円以下というのは俺にとって結構ハードルが高い。

たまに40万円台とかめちゃくちゃ安い土地が出てくることがあるけど、道が狭かったり、新築アパートを勃てることができない路地状の土地だったり・・・。

セミナーで聞いた富山の土地値がうらやましい。

富山て土地無料やん・・・。

 

そんな中、不思議な土地を大阪府の某市でみつけた。

なんとその土地に勃っている大きな家に小さいアパートがオマケでくっついているのだ。

まだ20年程度しか勃っていない新しい建物なのだけど、土地として売り出されていた。

とにかく家が大きくて、何LDKやねんって写真をめくるたびにつぶやくくらい大きい家だ。

家の方がアパートより大きいからねww

 

そしてこのでかい土地、坪単価が何故か47万円で売り出されていた。

ただし土地値が7000万円という高額だった。

これは買える人は少ないだろう・・・。

日本だと叶姉妹か俺くらいじゃないの?

 

高すぎるけど・・・ちょっと待てよ?

7000万円の広大な土地だ。解体するのにすごくお金がかかりそうだし、何より勃てるアパートが大きすぎて、コレは建築費払えないだろう。無理無理。

 

そう思ってアプリを閉じようとしたとき、ひとつのアイデアが浮かんだ。

 

このおまけのアパートは残しておいて、でかい家の方だけ壊し、そこに小ぶりのアパートを勃てるプランなら、建築コストの総額を抑えることができるし、利回りも合うのでは?

 

計算してみると小さいアパートとあとから勃てる新築アパートから得られる合計の家賃を総事業コストで割ると利回りが8%超えそうだった。

 

でかい土地をそのまま活かすプランは建築費が大きくなりすぎて作れそうにないけど、小ぶりをアパートなら資金的に大丈夫そうだ。

 

そしてなにより、俺が疎遠になっているものの、唯一アパートを勃ててくれそうな工務店が1年先まで忙しくて手が空いてないわけで、その空白期間をオマケでついている小さいアパートが家賃収入(年間240万円くらい)で埋めてくれそうだった。

 

いわば、心の隙間を埋めてくれるジャストミート(夜の営みを指す当ブログの隠語)フレンド、ジャスフレのようなものじゃないか。

 

これは素晴らしい。

   

 

 

俺はさっそく疎遠になっている工務店に連絡をした。

53「この土地でプラン作ってもらえないでしょうか・・・」

 

俺はメールを打ってみたが、相変わらず返事はなかった。

 

それもそのはずで、俺の考えたプランはめちゃくちゃめんどくさい計画だったのである。

 いったい何が問題なのか・・・。

 

続きはまたあした。

 

 

もうええわ

 

 

当ブログでは読者にはてなブックマークを義務付けています。 53さんの記事をもっと読みたい人は、下記のはてなブックマークをクリックしてください。やる気ができるかもしれません。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

当ブログでは不動産以外の雑誌の執筆依頼、宗教や秘密組織への勧誘は固くお断りしております。 デートの申込みは受け付けております。 デートの申込みはこちら

 

 

 

www.53man.net