わたしの年収は53万です

日本国内を旅するエリート営業マンのブログです。マリオットボンボイプラチナ会員、ANAプレミアムメンバー。たまに投資もします。

【不動産投資】運命は突然に。

f:id:mayonezu2015:20200220174416j:plain



今日は64歳のおじさんと63歳のおじさんと42歳のおっさんがイタリアンを食べます。

42歳のおっさんは俺で、今日は接待というわけです。

 

バブリーな時代に良い思いをしたおじさんたちなので、いくら金をとられるかわかったものではない。。。

東京駅のシャングリラホテルのラウンジで呼び出されたり、タバコ吸いたいからマンダリンオリエンタル東京のラウンジで休んでいこうよ☆とかふざけたことを言われたけど、俺がラグジュアリーホテルに興味をもったのはこのおっさんのおかげであり、世界観が広がったとも言えるので、まぁ、腐れ縁となっている。

 

 

というわけで今日も更新できるかわからないので、スキマ時間にコツコツブログを作成している。

 

今日はウェブであたりをつけたうち、最後に残ったリフォーム会社との内見の話だ。

 

 

え。これ買ったんですか

決済が終わって、リフォーム会社の相見積もりをとることにした。もう1軒候補として残っていたリフォーム会社に連絡をとって物件をみてもらったのだ。

一通り、見終わったあとに言った言葉がこれ。

 

 

工務店「え。これ買ったんですか」

53「・・・はい」

工務店「うわー・・・・これは・・・」

53「・・・・」

 

このやりとり、どんだけ辛いかわかりますか?

俺、はじめて買った物件でこれ言われてるからねwww

 

 

工務店「まぁ、しょうがないですね。安かったんでしょ?170万くらい?」

53「・・・250万です

工務店「うわ~www」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

死にたい\(^o^)/

 

 

 

 

 

 

しかし出てきた見積もりは前回のリフォーム会社とほぼ同じ。

傾きの修正方法が違うくて、こちらの方が20万円ほど高かった(320万)けど、説明に信頼がおけそうだったので、この工務店に依頼することにした。

 

おそらく白蟻にくわれていて、基礎の上の柱がボロボロになっているせいでめちゃくちゃ傾いているのだろうとのこと。

そこで柱を補強して傾きを修正してくれるという話だった。

前回のデブの公務店は束石が外れているからそれを交換すれば傾きが直ると言っていたので、見解がまるで違う。

なんとなく、柱を補強してくれる工務店で改修をうけた方が先々までこの家を使えると思って高い方にしたんだ。

 

ま、どっちも床下潜らずに言っているし、どっちも傾きの原因ではなかったんだけどね☆

 

今後、ここまで傾いた物件を俺が買うことはないだろうから、もういいんだけど、もしもめちゃくちゃ資産性がいいとか、買うことがあったなら。傾きの原因を潜って特定しない状況では絶対に買付をいれないと心に誓ったのでありました。

 

 

 

 

 

 

 

工務店「次からは絶対に買う前に呼んだくださいね!」

53「・・・ハイ

 

超凹む。

この男は俺をどんだけ凹ませるんだよ・・・・w

 

しかし、この男との出会いが、俺のこの先の不動産投資の命運を大きく変えることになるのである。

 

どんなリフォームにすればいいかわからない・・・

基本迷ったら壁は白でいいのかなって思うのだけど、どうせ320万もかけるのだから、お洒落にしたい!でもセンスない\(^o^)/

 

そこで俺はデザイナーさんに頼んで、イメージをつくってもらうことにしたんだ。

 

53「物件はクソなので、古さはどうしても隠せない。あとコストの関係で真壁になるから、柱がむき出しになるし、材木の古さが味となるような和モダンにしたい」

 

デザイナー「53さん・・・・和モダンすか・・・和モダンは一番わたしが苦手なんです><」

 

53「ええええ!苦手とかあるんですか!?民泊とかよく見るじゃないですか。」

 

デザイナー「はい。和モダンて、なんか難しくて、色味が派手になっちゃうとたちまち遊郭感出てしまうんですよ」

 

53「あーwwwたしかに民泊の和モダンはほとんど遊郭ですわww俺が民泊使う時に人妻とデートだったりするので、全然気にならなかったけどww」

 

デザイナー「人妻とデート?」

 

53「いや、あの・・・なんでもないです・・・続けてください」

 

デザイナー「・・・。民泊だとほら、非日常だから大丈夫なんですよ。あの色とりどりのギラついた部屋に毎日寝泊まりしたら発狂してしまいますよ」

 

 

 

 

 

 

 

た・し・か・に!

 

 

 

 

 

 

53「わかりました。じゃあ、遊郭ならないように和モダンでお願いします」

 

デザイナー「(全然わかってねーな(# ゚Д゚))・・・はい。やってみます」

 

というわけで出来上がったデザイン案がこれである

 

f:id:mayonezu2015:20200220174712j:image
f:id:mayonezu2015:20200220174708j:image
f:id:mayonezu2015:20200220174717j:image
f:id:mayonezu2015:20200220174704j:image
f:id:mayonezu2015:20200220174700j:image

 

ご覧ください。

全面フローリングだっつってんのに、畳があります。

このあとも全然人の話を聞かなくて、わかりました!って言うんだけど、全然違うのがあがってくる笑

間取りも違うし、冷蔵庫もそこに置かないよって場所においてあるし笑

でも、すごい良い人なので、なんどもやり直してもらってなんとか全面フローリングで完成したよ。

   

素人の俺がね、どこのメーカーの品番がどれでみたいな話をできるわけないよね。

そして工務店に任せるのもなんだか怖い。

だからセンスのあるデザイナーにお願いすることにしたんだ。

 

どうですか?

けっこう格好良くないですか?

 

あと、こういった家具付きのイメージをつくるメリットとしては募集開始時に家具の配置イメージを提供できるから仲介業者さんが物件を決めやすくなるんだって。

 

ま、俺は最終的に全然違うやつになったらこれは使わなかったけどねwww

このイメージ渡したのに違う感じで工務店がつくってしまうんだよwww

 

 

ま、俺も適当な性格だからいいけどね

 

 

 

 

今日はこのへんで

 

 

 

 

もうええわ

 

 

 

当ブログでは読者にはてなブックマークを義務付けています。 53さんの記事をもっと読みたい人は、下記のはてなブックマークをクリックしてください。やる気ができるかもしれません。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

当ブログでは不動産以外の雑誌の執筆依頼、宗教や秘密組織への勧誘は固くお断りしております。 デートの申込みは受け付けております。 デートの申込みはこちら

 

www.53man.net