わたしの年収は53万です

2015年12月から、株取引開始。株主優待目当てで始めましたが、やっているうちにどんどん投資方法が変わっています。短期ではデイトレ・スイングしつつ、長期では投資信託と米国株買って放ったらかしです。投資家というよりはポイントサイトで慎ましくポイントを稼ぐ人になっています。

【プラチナチャレンジ】ウェスティンホテル仙台に泊まってきた 口コミ的宿泊体験記

どうも。

旅行アカウントの53万です。

当ブログの読者には投資をしている人が多いんだけど、みんなめっちゃ貯金して投資にお金を回し、おじいちゃんになった頃に優雅な暮らしをしようと考えている卑怯な人たちばかり。

そんな卑怯者なお前たちに、投資にお金を回さなかったらどうなるかを徹底的に思い知らせるのが当ブログの目的なんだ。

60歳くらいの時に、浪費しまくっている自分のこのブログを読み返したら、自分で自分を葬りたいと思うことだろうね。

 

さて、俺はこの11月からプラチナチャレンジを開始したので、SPG、マリオット系のホテルの体験記が多くなってしまうので、ご了承いただきたい。

www.53man.net

なぜならiPhoneの写真フォルダに画像がたまりまくっておりまして、さっさとアップしないと忘れてしまうからね。

もう半年くらい貯まっているんだよ。

すでに記憶が曖昧だけど特に確認なしに、錯誤した記憶のまま記事をすすめていきたいと思う。

 

 

 ウェスティンホテル仙台

所在地: 1-9-1, 一番町 青葉区 仙台市 宮城県 980-0811
電話: 022-722-1234

徒歩:157時間(大阪から) 11分(仙台駅から)

 

 

仙台駅から全然歩ける距離にある。

この日は少し雨が降っていて、いかにも仙台という街が俺を歓迎してくれていると感じた。

f:id:mayonezu2015:20181124054257j:image

ウェスティンホテルはあっち。

 


f:id:mayonezu2015:20181124054335j:image

 トラストシティプラザがこっちでウェスティン仙台はあっち。

 

 


f:id:mayonezu2015:20181124054349j:image

恥ずかしがることもなく、ウェスティンでございますが、何か?といった風情で看板?がどーん!

いや、ここのホテルは良かったよ。これくらいはしてもらっていい。

 


f:id:mayonezu2015:20181124054322j:image

正面の入り口。おそらくここからホテルへ入ることができる。俺の直感が冴え渡る。

 

 


f:id:mayonezu2015:20181124054233j:image

でたね!

ホテルの壁によくあるファブリックパネル。

これをびしーっと貼り付けるだけでホテルの部屋代を引き上げる効果がある。

このブログを読んでいる高級ホテルのオーナーでまだ、ファブリックパネルを導入していないやつはすぐに採り入れようね!

 


f:id:mayonezu2015:20181124054426j:image

ソファとテーブル。

だいたいこのテーブルとソファは互いに離れていて、異様に胴長の人でないと座ったままテーブルの上にものを置いたりはできない。

 


f:id:mayonezu2015:20181124054536j:image

フロントからお部屋へと通じる道の途中。

お酒が並んでいます。

自慢かよ!

 


f:id:mayonezu2015:20181124054552j:image

バーラウンジです。

ここのバーは26階にある。ラウンジ&バー ホライゾン という名前。

 

 

 


f:id:mayonezu2015:20181124054341j:image

 部屋までの通路。床に模様がある。誰かが歩きタバコをして、一部分を焦がしたので模様みたいにして誤魔化したら収拾がつかなくなって果てしなく模様で誤魔化したような床が奥へと続いている。



お部屋はスーペリアに宿泊

 

予約時はモデレートだったけど、俺は偉大なるゴールドエリート様(SPGカード持ってるだけ)なので、アップグレードしてもらえてスーペリアへ。一休のホームページ見る限りたぶんスーペリアのキングベッドだと思う。


f:id:mayonezu2015:20181124054656j:image

 入ってすぐ左のオブジェ。これはたぶん持っても帰ってもいいお皿。

念のためフロントに確認してね☆


f:id:mayonezu2015:20181124054454j:image

 水とかコーヒーとか。コーヒーはインスタントじゃなかったので、うまく飲めませんでした。やり方がわからなかった。よかれとおもってホテル側が用意したインスタントじゃないコーヒーに苦しめられる俺。

台の上にはいままで宿泊した人たちの歴史とも言えるコップの跡がたくさん。感慨深いものがあるね。

 


f:id:mayonezu2015:20181124054329j:image

この台っていつも何につかう?俺はいつもカバンを置いているんだけど。もしもここで寝ている人がいたら申し訳ない。俺はカバンを置いています。

 


f:id:mayonezu2015:20181124054707j:image

トレイとシャワーブース。高いホテルのシャワーブースはだいたいスケルトンである。男同士で泊まるときはスケルトンで男のシャワー姿が見えることになるので顔を互いに赤らめることになる。

 


f:id:mayonezu2015:20181124054429j:image

洗面台と浴槽。どれだけびしょ濡れの男でも追いつかないほどのおびただしいタオルが置いてある。

 

 


f:id:mayonezu2015:20181124054559j:image

お部屋はこんな感じ。すごく広かったなー。あんまり伝わらないけども。

 

 


f:id:mayonezu2015:20181124054310j:image

 クソでかいベッドである。

キングベッドってこんなにでかいんだねって思った。

広いベッドで寝ると寂しさが2倍になるメリットがある。

俺の家のベッドなんてこれの1/3くらいじゃないかな。

キリストが生まれそうな馬小屋みたいなとこで寝てるからね。

 


f:id:mayonezu2015:20181124054710j:image

 ベッドから浴室が見えます。

裸の女性のシルエットが見えたらきっと大興奮だよね。

この日はもしも女性のシルエットが見えたら、誰?ってなるので興奮できないことになるけども。


f:id:mayonezu2015:20181124054602j:image

スイッチ類。起こさないでくださいって押したらどこがどうなるんだろう。

 


f:id:mayonezu2015:20181124054645j:image

 ワークデスク。モデレートルームにはこれがないわけですよ。ふふふ。

ゴールドエリートだから机がもらえたわけですよ。

特に使わなかったけども。

 

 


f:id:mayonezu2015:20181124054316j:image

 テレビ画面でいろんなことができそうだったけど、まったく使わなかった。

すぐに消しました。

 

 

 


f:id:mayonezu2015:20181124054517j:image

クローゼットの中にガウンがもう1セット。突然だれか来ても大丈夫だね。SPG系のホテルってひとり増えても1000円くらいしか変わらないし、例えばお前がバーでナンパして女の子を連れ帰ったとしても、フロントで追加料金払えば泊まれてしまう。 

 


f:id:mayonezu2015:20181124054514j:image

 アメニティとか。ほとんど手付かず。

 

 


f:id:mayonezu2015:20181124054253j:image

 ふかっとしたタオル。生理のときでもこれをベッドにひけばジャストミート可能だね☆


f:id:mayonezu2015:20181124054223j:image

 タオル。めっちゃタオル。

 

 

スーペリアキングルームのお値段は?

 

さてさて気になるお値段は?

 


f:id:mayonezu2015:20181124054529p:image

 

11月8日の時点で調べてみると税込み31900円だった。

ま、当日料金だから高いよね。

しかも朝食なし。

 

 

 


f:id:mayonezu2015:20181124054432p:image

 

 

 

俺は朝食付きで19651円で泊まりました。これはモデレートルームの価格だし、30日前に事前決済にしたので安かったんだけど、お部屋のアップグレードはとにかくお得感がある☆

 


ラウンジ&バー ホライゾン

 


f:id:mayonezu2015:20181124054436j:image

 バーで読書をしていました。

まつのすけさんらしい実践的な本だったな。

ひとつの投資手法だけじゃなくて、いろんな手口が載っている。そのなかで、自分のあったやり方を試してみるといいんじゃないだろうか。性格的にこれでもできそう!ってのを選ぶといいだろうな。

まつのすけさん自信は謙遜なのか、自分で投資のセンスがないと言っている。そんなわたしでも実践できましたーってのがこの本のウリ。

知らなかった手法はなかったけど、データとかが詳しく書かれているのと、銘柄の調べ方が具体的に載っている手法もあって参考になった。

これはAmazonで売らないことにした。

 


f:id:mayonezu2015:20181124054355j:image

カクテルに光があたって、きれいな感じが 出ている。

赤い光が放射線状に伸びて、夕焼けかはたまた地平線から放たれる光が日の出思わせるのでホライゾンというこの店の名前がついているカクテルなんだ。

いま適当に考えたけど。

 

 


f:id:mayonezu2015:20181124054213j:image

飲む部分はこんな感じ。飲む部分も何層かに別れています。

 


f:id:mayonezu2015:20181124054634j:image

見る部分もいいけど、飲む部分も見ていて楽しい。飲む部分を飲むとなんか美味しいなって思った。

 

 


f:id:mayonezu2015:20181124054352j:image

 たしか22時は過ぎていたと思う。

すでに夕食は済ませていたのに、バーに行ってイキリたいがために注文したソーセージの盛り合わせ。

俺はソーセージが好きすぎて羊腸からつくったことがあるんだよ。自分でつくったソーセージってくっそまずいんだけどね。

 

 

 

ホテル館内を探検


f:id:mayonezu2015:20181124054703j:image

これは確か1階だったと思うんだけど、おしゃれなソファ発見。こんだけお洒落だと靴脱いで正座するしかないよね。ソファの横の床とかに。

 

 


f:id:mayonezu2015:20181124054442j:image

部屋に置いてあったブッフェのパンフ。光の魔術師の俺にかかればスマホで撮影している影も思いのままにかぶせることができる。

 

 


f:id:mayonezu2015:20181124054713j:image

 部屋から見える夜の夜景。

けぶっていてネオンがよく見えなくて残念だったけど、これもまた街の表情のひとつである。

よくよく考えると日本て本当に素敵だなと思うのはやっぱり四季があることだ。いろんな観光地に行ってもその時の情景は毎度違うわけなんだよね。


f:id:mayonezu2015:20181124054546j:image

こちらは朝の風景。やっぱりけぶっている。

晴れていたら遠くまで見渡せて気持ちよかっただろうな。

次来る時も同じホテルに泊まって、今度こそ良い眺めを見たい。

 


f:id:mayonezu2015:20181124054204j:image

 ちょっと晴れてきた。

ずっと眺めていたよ。ずっと。吸い込まれそうな景色だったよ。

死にたい人みたいになってしまったな笑

 

 


f:id:mayonezu2015:20181124054418j:image

色鮮やかな看板が映えるね。光を限定することで景色がきれいにみれるね。安藤忠雄が言ってそう。 

 

 

レストラン Symphony(シンフォニー)で朝食


f:id:mayonezu2015:20181124054458j:image

 パシャっとな。入り口でパシャリ。

撮影しているのは俺だけだ。

 

 

 

 

 


f:id:mayonezu2015:20181124054243j:image

 カウンターと椅子。その奥には朝食会場がちらり。ここは俺のようにホテルに泊まったゴールドエリート以外の庶民も朝食をとることができる。

店が混んでいるときはこの椅子に座って庶民は待つのだろう。


f:id:mayonezu2015:20181124054219j:image

景色の良い場所で食べる朝食は美味い。

俺が死んで地縛霊となるとしたら、ここに出る。絶対に出る。

 


f:id:mayonezu2015:20181124054236j:image

草。

 

 


f:id:mayonezu2015:20181124054345j:image

焼きトマト。 

 

 


f:id:mayonezu2015:20181124054638j:image

 草たち。


f:id:mayonezu2015:20181124054405j:image

静かにエリートたちが朝食を食べている横でパッシャパシャと撮影する。パシャパシャ系エリートの俺。 

 

 

 


f:id:mayonezu2015:20181124054610j:image

 ソースとかね。見ているだけでも楽しい。


f:id:mayonezu2015:20181124054445j:image

いろんな味を楽しめるのに、胃袋はひとつしかない。牛になりたい。牛への憧憬がとまらない。

 


f:id:mayonezu2015:20181124054508j:image

 シリアルとかヨーグルトゾーン。

別にシリアル好きじゃないんだけど、こんなふうに並べてあると食べたくなるんだよ。

便通が変なタイミングできたら困るから食べなかったけども。

 


f:id:mayonezu2015:20181124054300j:image

ここの子になりたいよね。ウェスティンの子。 

 


f:id:mayonezu2015:20181124054422j:image

 フルーツ。エリートたちがだいぶ食べてしまったので、減っている。

みんな果物好きだよね。

 


f:id:mayonezu2015:20181124054207j:image

 パンケーキだったかな。

 

 


f:id:mayonezu2015:20181124054504j:image

 チーズ。

これもお腹いっぱいで食べられなかった。チーズ食べ放題なんですよ。好きな人にはたまらない。

アルプスの少女なら飽きるほど食べるだろうけど、俺は大阪のゴミだからチーズにときめくわ。


f:id:mayonezu2015:20181124054449j:image

うまそうなレーズンパン。誰かが切断して一番美味しい部分を持っていったに違いない。ここでもエリートどうしの熾烈な争いの一端が垣間見えた。 

 

 


f:id:mayonezu2015:20181124054540j:image

ジュース。

1個だけじゃなくて、たくさんの色のジュースが並ぶと楽しいよね。

車中泊では味わうことのできない贅沢だ。 

 


f:id:mayonezu2015:20181124054240j:image

パンたち。

これも色味を絶対意識してるよな。

人気あるのは地味なパンみたいだけど笑

テンションはあがる。 

 


f:id:mayonezu2015:20181124054627j:image

ジャムやピーナッツバターも塗り放題。

全裸になって全身に塗っても構わないかホテルスタッフに聞いたところ。OKとのこと。

ただし、警察も呼ぶし、もうこのホテルに泊まることはできない。

 

 

 


f:id:mayonezu2015:20181124054700j:image

 コーヒーとかね。

 

 


f:id:mayonezu2015:20181124054652j:image

 まだまだあるよ。

ほんと食べきれない。何度かこないとね。


f:id:mayonezu2015:20181124054247j:image

 ソーセージのみをひたすら食べることも可能。

 


f:id:mayonezu2015:20181124054641j:image

 卵ってなんかエロい気がするんだよな。

 

 



 


f:id:mayonezu2015:20181124054620j:image

和食もある。

なぜならここは日本だから。

外人はこっちのほうが喜びそうだよね。

俺みたいな田舎からきたエリートは洋食をありがたがって食べるけど。 

 

 

 


f:id:mayonezu2015:20181124054613j:image

 きのこ。

 


f:id:mayonezu2015:20181124054501j:image

 びちゃびちゃのご飯。失敗かな?

 

 


f:id:mayonezu2015:20181124054533j:image

 和食ゾーンだけでもたくさんあるよね。

これだけの豊富な料理を家で食べることなんてできないし、食事は旅の醍醐味だよね。

 

 


f:id:mayonezu2015:20181124054511j:image

 というわけで盛り付けてみました。いろんな種類の料理をちょっとずつ食べるのが好き過ぎる。

けっこう上手に盛り付けられたんだじゃない?

こうやって見るとランチョンマットも素敵に見せる小細工として重要ですよね。

 

 

 


f:id:mayonezu2015:20181124054412j:image

 景色と料理。出社前にホテルの朝食食べてから通勤とかそのうちやろうと思ってるんだよね。大阪にも良いホテルがあるので。セントレジス大阪とか通勤途中だし行ってみようかな。

誰か朝のホテルデートしてくれない?

 


f:id:mayonezu2015:20181124054319j:image

 

 


以上ゴールドエリートからの宿泊体験記でした。

 

 

俺のような田舎者でも簡単にエリートになれる方法があります。

hanare.53man.net

 

 

もうええわ

 

 

 

プラチナチャレンジの必要コストを試算しているよ

www.53man.net

 

ここも素敵だったぜ。

www.53man.net

 

 

今回の記事はいかがでしたか?よかったよって人は励みになりますので、下のブログ村バナーをポチッとお願いします。 ブログ村のランキングがあがるシステムとなっております。

読み終えた方はこちらをタッチ!株ブログのランキングがあがります☆

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

なお当ブログでは雑誌の執筆依頼、宗教や秘密組織への勧誘は固くお断りしております。 現在のところデートの申込みのみ受け付けております。 デートの申込みはこちら