わたしの年収は53万です

2015年12月から、株取引開始。株主優待目当てで始めましたが、やっているうちにどんどん投資方法が変わっています。短期ではデイトレ・スイングしつつ、長期では投資信託と米国株買って放ったらかしです。投資家というよりはポイントサイトで慎ましくポイントを稼ぐ人になっています。

【非公開期間】26日目 AppleWatchと機械式時計を両手にはめることなく使いこなす方法

スポンサードリンク

ありえへん。

いくらAppleWatchと機械式時計の両方が好きだからって、両手にはめるとかあり得へん。本来格好いいはずの時計がやたらださく感じる。

かと言って、片手に両方はめるとかもありえへん。

お気に入りの2本のネクタイを好き過ぎて両方締めるとかないやん?

かといってネクタイは1日おきに交代でつけることができるけど、AppleWatchと機械式時計は使う理由が全く違うから1日おきとかもありえへん。

 

両者の使用用途を整理してみるとこうなる

 

AppleWatch・・・機能自体が使用する意図になる。地図、メール、着信通知、音楽の操作、株価のチェック、ポケモンGOにクックパッド、ApplePay。人によって用途が違い、カスタマイズされる。スマホの延長上にあるもので、一度使ったらこれなしでは考えられない。

 

 

機械式時計・・・女性に見せびらかしてジャストミートする。あるいは男性に見せびらかしてマウンティングする。いずれにしてもいろんな意味でマウンティングするためのツール。

※ジャストミートとは男女による大人のプロレスのこと。裸で魂をぶつけ合う。だいたい気持ちいいという特徴がある。

 

このように両者はその意図が全く違うのである。

一体どうすればいいのか。 

 

f:id:mayonezu2015:20171029201052j:image

買ったままずっと放置されているBREITLING。 

 

f:id:mayonezu2015:20171029201103j:image

 時がとまったまま。2月て。

 

 

 

AppleWatchを常用している俺としては、このまま機械式時計を使わないのももったいないなーと思っていたんだけど、ついに解決策を思いついた。

 

 

 

 

 

その解決策はこれ!


 

 

そうです。

持ち歩くんです。

幸い俺のカバンにはまだまだ収納力があるので荷物がひとつふたつ増えたところで腰が痛くなるくらいで、痛くも痒くもない。ただ、腰が痛くなるだけ。

 

普段移動中はAppleWatchを使うわけ。んで、商談で相手をマウンティングしたい時とか、デートのあとにホテルで女性にマウンティングしたい時には機械式時計を使う。

クールビズの世の中とは言え、商談の直前にネクタイ締めることあるやん?気持ちとしてはあんな感じだよね。

 

 

 サイズはメガネケースよりちょっと小さいくらいなんだけど、ケースの中に入っているこのふわふわには切れ込みが入っていて、時計をすっぽり守ってくれる。

f:id:mayonezu2015:20171029201124j:image

 

ケースをひっくり返すと裏はこんな感じ。特別に感想はない。裏側だなって感じ。

f:id:mayonezu2015:20171029201134j:image

 

この切れ込みにグイグイいれる。もうちょっと格好いいケースがあればいいのになって思う。BREITLINGのケースでいいやんと思うけど、さすがにちょっとでかいねん。そして形がカバンの中にいれるのに向いてない形。筒状にしてほしい。

f:id:mayonezu2015:20171029201144j:image

 

チャック締めました。見た目はほんとうにメガネケース。

f:id:mayonezu2015:20171029201155j:image

 

いかがでしょう。

AppleWatchは興味あるけど、せっかくのお洒落時計が使えないのはちょっとねーって人も、これで解決ですね。

え?俺は誰かに自慢したくて機械式時計つけているわけじゃないって?

機械式時計のもつメカニカルな機能美に惚れ込んで・・・って、うそつけーー!!!

 

無人島に漂流したら誰もお洒落なんかするか!ばーか!

女の子とジャストミートしたいから買ったんだろ!その時計!

俺もそうだ。お前も素直にこっち側にこい!

 

 

もうええわ

 

 

 

今回の記事はいかがでしたか?よかったよって人は励みになりますので、下のブログ村バナーをポチッとお願いします。 ブログ村のランキングがあがるシステムとなっております。

読み終えた方はこちらをタッチ!株ブログのランキングがあがります☆

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

なお当ブログでは雑誌の執筆依頼、宗教や秘密組織への勧誘は固くお断りしております。 現在のところデートの申込みのみ受け付けております。 デートの申込みはこちら