わたしの年収は53万です

2015年12月から、株取引開始。株主優待目当てで始めましたが、やっているうちにどんどん投資方法が変わっています。短期ではデイトレ・スイングしつつ、長期では投資信託と米国株買って放ったらかしです。投資家というよりはポイントサイトで慎ましくポイントを稼ぐ人になっています。

【考察】もしも20年前に戻ったらどんな人と結婚するか

スポンサードリンク

f:id:mayonezu2015:20170820073303j:plain

俺は23歳で結婚し、17年が経過したベテラン結婚家である。

親友の佐藤さんが俺のツイートを見るたびに結婚のメリットを感じられないと嘆くので、そうではないのだとここに記しておきたい。

就職先と同じで、これは相性の問題なのだ。

 

 

・結婚と就職を同じレベルで考えられたらいいのに

俺は常々「結婚と離婚を転職くらいのノリでできる社会がくればいい」と考えている。子供はどうするんだとか、社会の基盤が揺らぐとかそんなことは知らない。うるさい。

別に親が変わってもおかしくないのがデフォルトの文化なら、子供側も誰に育てられても学校で虐めにあうこともないし、なんとも思わないんじゃないかな?

それどころかより条件のいい父親もしくは母親に巡り会えるかもしれないし。

 

誰でも当たり前だけど、結婚の初心者なのである。

初心者どうしが結婚するのに、失敗してはいけませんというのはルールが厳しすぎないか?

たしかに親の背中をみているので、模擬練習はできているのかもしれないけど、結局それは働く前の学生のときの条件下で見ているわけで、株のシミュレーションで儲かっても実際にやったらうまくいかないのと同じように、そこには「結婚当事者としての覚悟や感情やリアルな疲労と喜び」は加味されていないシミュレーションなのだ。

 

おまけにほとんどの人が就職活動をする時にようやく自己分析をするくらいで自分のことやどんな相手がふさわしいかなんてわかっていない。

ぼんやりと自分はどんな奴かとわかっていても、はっきり整理できていないし、自我がどうしても自分の欲望を邪魔してしまい、正確な自分の本性を歪めてしまう。

ようするに自分が本当にやりたいことや人生の何に喜びを感じるのか把握できていないのだ。

 

自分や、将来の自分の喜びがわかっていない20代のうちで結婚して、その後、できるだけ離婚してはいけませんというシステムは厳しい。

こういうことがみんなわかっているので、どんどん晩婚化していくのかもしれないね。

 

かと言って、あんまり結婚と離婚を繰り返す人もちょっと人としておかしい気がする。何をやってもダメな人間みたいに思えてくる。

 

というわけで「転職」くらいのノリで結婚と離婚ができればバランス的にちょうどいいと思うのだ。

 

転職はもはやイレギュラーなことでもなんでもなく、人生で起きうるイベントの一つとして定着している。

合わなかったら配偶者をチェンジする。

とてもいい。

すごくいい。

かと言って、転職を繰り返す人間は信用されないので一定の歯止めがある。

転職10回目のやつは信用されない。

ちなみに結婚履歴はきちんと行政の方で管理をしていただきたい。

 

こうやって手軽に結婚できるなら、むしろ早めに結婚できた方がお得だと思いませんか?

試せるチャンスが増えるので。

 

 

・自分はそもそもどんな人生がいいのか

過去の自分を棚卸ししていくことで、自分がどういった傾向の人間かがわかる。

何にお金を一番使ったか、何に時間を費やしたか、何をしたときに幸せを感じたか。

 

・ジャストミートが好き

俺は結局のところジャストミート!のことばかり考えていた人生のように思う。

※ジャストミート!は夜の営みを示します。はてなブログやアドセンスの規約を調べるのが面倒なので、言葉を置き換えて記述していきます

 

中学生1年生の頃、セルフジャストミート!を覚えた。あの時は自分の身に何が起きたかわからず、パンツに染みができていくのを呆然と眺めていた。突如雷にうたれたような衝撃であった。

それから21歳ではじめて彼女とジャストミート!するまで、俺はほぼ毎日セルフジャストミート!していた気がする。

動画に雑誌にとセルフジャストミートするためにお金を使いまくった。あのお金を全て投資に回していたら、俺は今頃バフェット・ゴミとしてクソダサイ投資家たちを煽りまくっていたことであろう。

残念ながら俺はセルフジャストミート!ばかりしていたので、ただのゴミだ。

 

そう。俺はジャストミート!ばっかりする人生を望んでいる。

 

ジャストミート!が好きなわけだから、配偶者もジャストミート!好きであることが望ましい。四六時中ジャストミート!していたいわけだ。

見た目もすくなくとも自分の好みであってほしい。

 

・ゲーム、本、漫画、映画が好き

俺は学生の頃から、ずっとゲームばかりしてきたし、今でも休みの日は本を読んだり漫画読んだり、インドアな生活を送っている。

女の子でもゲームや本や漫画が好きな人はいる。そういう人と一緒になれたらきっと話題が絶えないだろう。

休日のデートは漫画喫茶でダラダラ過ごすかもしれない。

家に帰ったらお互いゲームをして競い合ったり、漫画や本を交換したり、一緒に映画館にいってもいい。

カフェで美味しいケーキを食べながらコーヒーの香りを楽しんで、奥さんは雑誌をパラパラめくって、俺はビジネス書を読んでいる。

なんて素敵な休日なんだろう。

 

 

・お金が好き

何に使うってこともないんだけど、お金を貯めたり、稼いだりするのが好き。一度稼げるかも知れないアイデアを思いつくと、それに取り憑かれてずっとそのことばかり考えている。

シデさんとセルリアンさんの夫婦とか本当に素敵だ。

金銭感覚が似ているってのはとてもいいことだと思う。

俺はビジネスモデルを考えたり、新商品のアイデアを出したりするのが好きなので、そういう会話についてこれる人がいい。

俺がひとつアイデアをだしたら「だったらこういうのは?」みたいに膨らまして来る人。

お互いがお互いを刺激しあって、投資や仕事の面で成長できると素晴らしい。

別に奥さんは仕事をしてなくていい。専業主婦だとうれしい。

むしろ俺が家事が苦手なので、家事をしてくれた方が助かる。

でも働くなら家事は分担出来たほうがいいので、俺もいろいろ覚えていきたい。

 

・面白いことを言い合いたい

俺にはリアルの友達いないんだけど、ネットの仲間とアホな会話を延々と続けるのはとても楽しい。

奥さんも面白い人だと嬉しい。

俺がボケて奥さんが突っ込んで、はたまたその逆で。

アメトークとロンドンハーツを一緒に観て笑いあって、年越しはガキの使い観ながら蕎麦を食いたい。

 テレビを観ていて、笑うポイントが違う夫婦はだいたい仲が悪い。

着眼点も倫理観も、違和感を感じるポイントも同じだと、たぶん同じところで笑うはず。これはお笑い意外でも重要なポイントだと思う。

 

・まとめ

ジャストミートが好きで見た目も良くて、巨乳だと最高。ゲーム、本、漫画、映画なんかに理解があって、一緒にやれる人がいい。お金の話が好きで、本人は専業主婦で俺の仕事を応援してくれて、話せばとても会話がはずんで・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おらん!

そんな人間おらーーーん!!

 

 

 

割りと皇帝ペンギンさんが俺のこの好みのドストライクなんだけど、たぶんジャストミート!は好きではなさそうなので残念だ。めんどくさいとか言いそう。

しかし、これだけは譲れない。

 

 実際完璧に自分の理想に近い人が現れたら、ためらわずに結婚するべきだと思う。そのためにも、佐藤さん、自分の理想のタイプをきちっと整理しておいてはどうですか。

 

佐藤さんなんかのためにブログ一本書き上げて時間を無駄にした。

 

もうええわ。

 

今回の記事はいかがでしたか?よかったよって人は励みになりますので、下のセクシーバナーをポチッとお願いします。 ブログ村のランキングがあがるシステムとなっております。

読み終えた方はこちらをタッチ!株ブログのランキングがあがります☆

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村