読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わたしの年収は53万です

2015年12月から、株取引開始。株主優待目当てで始めましたが、やっているうちにどんどん投資方法が変わっています。短期ではデイトレ・スイングしつつ、長期では投資信託と米国株買って放ったらかしです。投資家というよりはポイントサイトで慎ましくポイントを稼ぐ人になっています。

20170220から0225までの資産状況(株)

スポンサードリンク

f:id:mayonezu2015:20170225223726j:plain

見込み利益+619,575円

先週比+32,697

 

福岡空港から伊丹空港へと移動する飛行機の中で、俺はいつものように飴をフライトアテンダントに要求した。

俺は飛行機が着陸態勢に入って、下降するにしたがい、気圧の関係で耳がいたくなってしまう。それを防ぐため飴を口の中で転がすのである。

唾液なのかなんなのか、理屈はわからないけど、耳の痛みはおだやかになる。

その飴をいつものようにもらうんだけど、だいたい食べきれないほどもらうので、いつも娘へのおみやげとしているのだ。

娘はスーパーで買ってきた飴よりも、飛行機の中でもらえる飴を特別な飴と思っているらしく、とても喜んでくれる。

 

俺が飴を要求したとき、村上春樹の騎士団長殺しを読んでいたせいか、頭の中が村上節になっていた。

フライトアテンダントは引き出しから真新しい下着をさっと取り出すみたいな笑顔で俺に飴を手渡した・・・・←村上節のせいでこんな文章が本当に頭の中に浮かんだ。

村上春樹はこんな下品なたとえは用いないんだけど、何かしらたとえてしまいたくなる。

村上春樹の本をよむとそんなふうに影響うけることってない?この現象超恥ずかしいよね笑

 

それにしても村上春樹の小説は相変わらず楽しい。

読んでいて、いつまでもよんでいたくて、続きが気になるのに終わってほしくないと感じる数少ない小説である。

いま、騎士団長殺しを読みはじめたんだけど、まだ何も事件が起きていないのに物語に引き込まれてしまう。

これは驚異的なことだと思う。

人も死んでいないし、謎のお宝も発見されていないのに、ただおそるべき文章の力でぐいぐい読みたくなる。

心地いい音楽を聞いているみたいに、美味しいスープを飲んでるみたいに、文章を読むのが全然苦痛じゃなくて、その瞬間が楽しくてしょうがない気持ちになる。ほんと、すごい才能だなー。

 

 

 

さてさて、今週も市場が堅調なので、俺も堅調である。

米国株も好調。ありがとうトランプ。世界中で嫌われているけど、俺の株はおかげであがっています。

この見込み利益のうち40万はいつ幻と消えるかもしれない含み益。

確定損益を伸ばしていかないとね。

 

今週はフライトHDがまたまた下がったよ。もう安心だと思ったのにな。

さすがに1500円を割ることはなかったけど、この先まだわからない。

ウェッジHDも一瞬下がった日があって、うまくネンピンして平均単価下げることができた。

結局暴落に耐えることができるかどうかって持ってるポジションによるよねー。

いくら長期で持とうと決めたとしても、持っているポジションがそう良くもなかったらいったん売却するのもありだなと思った。

 

そのあと騰がったとしても、下がる可能性もあったわけだし、損したくない投資を志している俺としては必要な選択肢だと思う。

 

デイトレして資金を貯めて、ロットを増やせるようになりたいな。

資金が貯まってきたら損してもいいお金が増えるわけだから、いまよりも少し踏み込んで買ったり売ったりできるかもしれない。

まわりのトレーダーさんが稼いでいて羨ましくなるけど、いまはコツコツ安定した実績を残したい。

実績がすべてやで。

何度も再現できる法則を見つけ出さないとね。がんばろー。