わたしの年収は53万です

2015年12月から、株取引開始。株主優待目当てで始めましたが、やっているうちにどんどん投資方法が変わっています。短期ではデイトレ・スイングしつつ、長期では投資信託と米国株買って放ったらかしです。投資家というよりはポイントサイトで慎ましくポイントを稼ぐ人になっています。

20160620から0624までの損益(株とFX)

スポンサードリンク

f:id:mayonezu2015:20160624220118j:plain

 

イギリスおまえwww

やってくれたなwww

めっちゃ笑ったわw

 

・・・わらえねーわ!

 

前日に胸騒ぎがしてBP売っておいてよかった。たいした額じゃないけどね。

あとトルコリラもあほみたいに下がったんだけど、運良くいったん利益確定してポジション減らしたあとだったから助かった~。

FXの下がり方はやばいよねw

金玉ひゅんやわ。

先週からはセブン銀行がさらに下がったので買い増した。

いよいよPIXTAも下がって含み損に転落。

FXで過去に利確した分も吸収して通算マイナス3万円。

銀行に預けていた方がよかったよねという水準ww

 

んで、この表は現物のみなんだけど、思い切って信用買いをしてみた。

80万円ほど。

そこでPIXTAをさらに200株買い増し。あと優待で欲しかったオリックスとゲオを購入。

ブロガーで儲かってますよーという報告をしている人は、こういう下げ相場の時に果敢に突進しているよね。

 

イギリスの離脱で超下がったけど、この記事を読んでそのうち株価がちゃんと上がるんじゃないかなと判断した。

kaoru-office.biz

あと、PIXTAは確かに下がったけど、この相場でそんなに下がってない株もあったんだよね。ハビックスとかお小遣い稼ごうと指し値を入れたらとどかずに天高く飛んで行っちゃったw

 

それから国民投票にどうやら法的拘束力はないらしい。かと言って民意だから無視は出来ないんだけど、現在イギリスの議員さんたちはEU残留派が過半数を占めているんだとか。なので、国民投票を蹴ろうと思えば蹴れるらしい。

 

それから、離脱してもその後の交渉しだいでイギリスにとって有利になる展開もあるんだとか。俺も初めて知ったんだけど、カナダはEUと自由貿易協定を結んでいるんだって。EUに加入すること無く、関税がかからずに貿易ができる。

実は離脱派の議員たちはこのポジションを目指しているらしい。

イギリスがEUから離脱しても国交断絶になるわけじゃなく、カナダとEUみたいな関係を結ぶことができたら、貿易面のメリットを得ながら、移民問題も解決し、EUへの拠出金も払わなくて済む。拠出金は毎週3億5000万ポンド(日本円で530億円余り)なんだとか。ほんまかなw毎週?

これが実現すれば、むしろイギリスにとって都合がいいことになるので、ポンドがここまで売られる必要がないかもしれないね。

 

ところが自由貿易協定なんてそんなに甘いもんじゃなくて、カナダもEUと条約締結まで10年かかったんだとか。

えーと、だらだら書いてしまったけど、何がいいたいかと言うと、国民投票でいきなり離脱が決まるわけではないということ。それから離脱することでイギリスにメリットが出る可能性があること。ドイツとフランスの負担が増えるらしいんだけどね。

そういった環境だからまだまだニュースしだいで上がったり下がったりしそうだなーと判断して思い切っていろいろ信用買いしました。

 

さーこれが吉とでるか、それとも吉なのか。凶はいやだ笑